MENU


特定商取引

昨今投資取引といえばhttp://www.fxoption.net/rank/highlow-australia.htmlで有名で耳にする機会がたくさんあると思います。特定商取引とは、特定商取引に関する法律によって定められている商取引になり、商いを行う業者と消費者との間において、トラブルや紛争などが生じやすいことなどから、消費者を勧誘する行為や、紛らわしい事柄に対する規制や、クーリングオフ制度などを行うことが出来ることを法律で定められている商取引になります。

この特定商取引に関する法律である特定商取引法はで定められた商取引にはさまざまなものがあり、そのどれもが消費者に対してフリな状況が生じやすいものであるとされています。

こうしたものの中で代表的なものは訪問販売になり、特定商取引法は度重なる改定が行われていますが、そのもととなる法律は訪問販売等に関する法律、つまり訪問販売法と言うものであったほど、特定商取引の象徴的な形態でもあります。
資産運用に興味がある方はこちらwww.オーストラリアハイロー.jpもぜひご覧ください。


訪問販売とは、商いを行う事業者などが、客である消費者に自宅に直接訪問をして契約を取り交わすものになり、取り扱う商品や権利などを販売したり、提供するサービスに対する取引を行うもので、アポイントセールスなどと呼ばれるものになります。

こうしたものは、消費者に対する情報の提示が訪れた業者から提供されたものだけになりやすくなるために、消費者に対して不利な、また業者によって有利な状況を作りやすくなるために特定商取引の対象となっています。

また、近年で多くなっているものは、通信販売と電話勧誘販売になり、商いを行い事業者が、SNSやインターネットや雑誌、新聞などといったものに広告を展開したり、事業者が電話やメールなどで勧誘を行って申し込みを受けるものになります。
こうしたものも、例えば電話でワン切りや、迷惑メールなどを糸口にして連絡をつけたり、ネット上の広告に振れただけで法外な請求をするような手口が行われることもあります。

こうしたメールやSNSを利用して人を勧誘するものとしては、よく若者を中心にして行われている連鎖販売取引というものの特定商取引とされており、いわゆるネットワークビジネスやマルチ商法と言ったもののように、契約を行った個人を販売員とし、その個人がさらに次の販売員を勧誘させる形で、連鎖式に販売組織を拡大させる商取引もあります。

この他には、収入を得られる仕事を斡旋するといいながら、その仕事に必要な商品を売ることを行う業務提供誘引販売取引や、事業者が消費者を訪問して様々な品物を購入する訪問購入、特定継続的役務提供と言われるような、これから先のサービスの提供を行うことを契約し、その対価の支払いを申し受ける取引なども特定商取引とされています。

出典>>外為オンラインの評判


Copyright 2017 ristorantespecchio.com