MENU


クーリングオフの制度

特定商取引は、それを定義する特定商取引方によっての規制も行われている通りに、一般的な観点からして、商品やサービスを提供する事業者よりも、その提供を受けて契約などを行う消費者のほうが、情報量や状況的な問題から、圧倒して不利な状況に陥りやすい取引として定義がされている商取引になります。

こうした特定商取引は、例えば路上などで声をかけられ、事務所内や喫茶店などに誘導されてしまい、逃げられない状況を作り上げられてしまった上で、高価な商品や必要のないサービスの提供などに対する金銭授受の契約を結ばされてしまうようなものを指しています。

こういった商取引は、訪問販売という形で区分されており、セールスマンなどが自宅を訪れ、他の比べる商品情報などがないままに、一方的に商品の説明をして売買契約などを結ばせてしまうような商取引の一形態とされています。

消費者にとっては、不利な状況での取引きとなり、また、その場で決断をくださなくてはいけないというような心理的な圧力をかけられてしまうことや、せっかく来てくれたのに申し訳ないと言うものや、そのセールスを行っている異性や同性に積極的なアプローチをされ、非常に魅力的で断りきれなかったなどの勧誘方法を取ることもあります。

また、業務提供誘引販売取引などと呼ばれるものは、在宅などでも副業で大きな収益があげられるなどということを誘い言葉にし、そうした仕事を斡旋する代わりに、その仕事に必要な道具を買わせる手口にしているものもあります。

業務提供誘引販売取引の場合には、その後の副業の収益で先に資材を購入した分の損失は補えるなどの甘言をつかい、例えばホームページの作成や、ネットで文章を書く仕事のために必要なものとして、パソコンやそのソフトやテキストなどを光学で売りつけたり、また着物などを着用し接客を行う販売業であると言ったり、健康食品などのモニターの仕事などと言って、商品の契約をさせ、実際にはその仕事は与えられないと言うものになります。

このような、消費者に対して不利な状況の契約に対しては、一定の期間であれば、無条件で申込みを撤回したり、契約を解除できる法律の制度になります。
クーリングオフの制度をしっかりと理解しておけば、こうした特定商取引における理不尽な販売などの契約に対して被害にあったとしても、その契約を事業者側に対して説明不要で解消することが出来ますので、悪質な特定商取引に遭ってしまった場合には、こうした制度を利用するようにしましょう。


Copyright 2017 ristorantespecchio.com