MENU


さまざまな商品やサービスの販売などを行う訪問販売

セールスマンなどが、わたしたちの自宅を個別に訪問して、さまざまな商品やサービスの販売などを行う訪問販売も、特定商取引法によってさまざまな規制を受けています。

訪問販売が行われる際には、その事業者などは、自分の所属する会社名や自分自身の指名を消費者に対して明確に伝えなくてはならないとされています。
また、その勧誘やセールスを行う目的を告げ、説明を行う商品やサービスの種類などについて簡潔に告げなくてはならず、こうしたことは口頭や身分証明書などの提示などでも行うことが出来るとされています。

また、消費者に対して勧誘を受ける意志の確認を行わなくてはならず、消費者が勧誘を受ける意志がない場合には、それ以上の勧誘を行うことは規制に抵触することにもなりかねず、また、商品を購入したりサービスの提供を受けたくない、契約を行いたくないという意思表示をした消費者に対して、再度その販売や契約について勧誘などを引き続き行ったり、時間を置いて再び勧誘のために消費者の元を訪れることなどを禁止しています。

こうしたものの他には、販売をする商品やサービスに対して虚偽の宣伝や説明を行ったり、必要である以上の品物を契約させるなどの行為は禁止をされています。

また、圧力などをかけることによって契約を急がせたり、消費者が一定期間の間に締結した契約などを説明なしに解除したりすることが出来るクーリングオフを抑止するような言動や行動などを撮ることも禁止されており、こうしたことが行われた場合には、特定商取引法違反により、懲役や罰金が課せられる可能性があるほか、所属している企業などに対して業務停止命令が下ったり、その社名が公表されるなどの行政処分を受けることもあります。

訪問販売は、事業者が消費者の個人宅を訪問して行うものだけではなく、さまざまな訪問販売の携帯があるために注意が必要です。

例えば、その事業者の営業所など以外の場所で消費者を誘い込み、営業所などに連れて行くことによりそこで商品やサービスの説明を行ったという場合でも訪問販売とされ、こうしたものはキャッチセールスなどと呼ばれます。
キャッチセールスの特徴としては、商品やサービスなどの営業であり、その売買契約を結ぶための勧誘であるとは知らせずに、誘導をすると言った場合には特定商取引法に抵触することになります。

また、商品やサービスの売買契約の目的であるということを告げずに、消費者を口臭が出きりしない場所、個人宅や公共の施設、カラオケボックスなどの講習が出入りしない場所に呼び出して販売を行う行為は、アポイントメントセールスと呼ばれており、これも同じように禁止されている行為となっています。


Copyright 2017 ristorantespecchio.com