MENU


特定商取引法に違反したものには処分を

特定商取引法では、商いを行う事業者とその商品やサービスの提供を受けてその対価を支払う消費者との間に、さまざまなトラブルなどが起きやすい取引きを、特定商取引として分類分けして、圧倒的に不利な消費者を擁護して助け、またそうした立場を利用して悪質な勧誘行為や、違法な取引を行う業者に対して規制を行い、またこれに対する調査や監督を行って、この特定商取引法に違反したものには処分を行っています。

特定商取引法に違反した場合には、さまざまな罰則を受けることになりますが、禁止されている法令に対する違反として、10万円以下の過料で済まされるものもありますが、刑事罰になることもあり、30万円以下の罰金から、3億円以下の罰金刑などさまざまなものがあり、また悪質なものになると、6ヶ月以下の懲役や、2年以下の懲役などが行われる場合もあり、こうしたものが併科として科せられることもあるのです。

こうした特定商取引法の違反となるものはいろいろなものがありますが、多くは消費者庁などに寄せられる相談などから発覚することもあり、また頻繁に取締などが行われ、沢山の業者が行政処分などを受けています。

近年では、インターネットなどの利用によってこうした特定商取引への勧誘方法も巧妙化しており、エステティックサロンのような美容などに関するマッサージなどを行う業者に於いては、SNSなどを通じて仲良くなった人などを自らのサロンに勧誘し、無料のマッサージなどを行った後に、高額なオイルマッサージなどの契約を結ばせて、その金額を支払わせるために消費者金融などでの借り入れなどをさせているという手口などがありました。

また、連鎖販売取引という区分に入るマルチ商法では、旅行などの会員権を連鎖販売し、勧誘者が路上で声をかけて消費者を呼び出し、旅行などの会員権を利用する事によって楽しんで旅行をしながら同時に収入も得られるなどと書かれた書面などを読ませて説明会に誘導し、複数の会員で消費者を勧誘してこの連鎖販売契約を結ばせるなどの手口も行われています。

この他には、子供のいる家庭に勧誘の電話を行い、その子供に対して価格の低い学力テストを受けるように誘導し、後日にテストを受験した消費者にたいして、そのテストの結果を説明すると言う旨で訪問をし、そのテストの結果説明の後で、高額な学習教材を訪問販売するという手口のものもあり、特に子供が低学年であれば、その先の年度分までの学習教材の購入を執拗に勧誘するなどということもあり、こうした特定商取引法に違反した取引きでは、その業者に対し厳しい処罰が行われています。


Copyright 2017 ristorantespecchio.com