MENU


インターネットを利用した特定商取引

特定商取引は、商品やサービスを提供する事業者と、その提供を受ける消費者とに間に、多くのトラブルなどを引き起こす要因が多い商取引になり、特定商取引に関する法律である特定商取引法によって国の法律に定められ、規制や指導、監督などが行われているものであり、場合によっては刑事罰などを受ける可能性がある物になります。

いろいろな問題の火種になりやすい特定商取引ですが、近年ではインターネットを利用した特定商取引への誘導や勧誘が行われており、こうしたものをほぼ毎日のようにして目にしたり触れたり、利用をしたりしているわたしたち現代人にとっては、充分に憂慮する必要があり、また常に念頭に置いて判断や行動を行う事を求められます。

インターネットなどを利用して行われる特定商取引法の対象となる商取引には、通信販売と呼ばれるものと電話勧誘販売と呼ばれるものが該当する可能性があります。

通信販売においては、その商品やサービスなどを提供する業者などが、電話や郵便やFAX、メールなどによってその商品の売買契約やサービスの対価となる金銭授受の契約を結ぶ商取引の携帯になります。

このような通信販売のきっかけになるものには、新聞や雑誌、ダイレクトメール等の広告によるものとされていますが、近年ではこうしたものの他に、インターネットのホームページやSNSなどに提示される広告等によるきっかけもこの通信販売への多くの誘導をされるものとしての定義付けがされています。

通信販売に対する特定商取引法の規制としては、広告の表示の仕方や、誇大広告を禁止していたりする場合には規制が行われることになります。
また、未承諾者に対して、メールなどで広告を送ることなども禁止をされている事項に含まれています。

一方、電話勧誘販売では、事業者が電話をかけて商品サービスなどの購入や契約を促して申し込みをさせるものや、事業者が一度連絡を入れ、それに対して消費者が連絡をしてきたことに対して同じように申し込みをさせた場合においても電話勧誘販売となり、これも特定商取引法によって規制の対象となっている商取引の一つになっています。

これも、通信販売と同じように、必ずしも電話だけの契約に限ったことではなく、郵便やFAX、メールなどによって契約を行った場合にも、電話勧誘販売として分類がされることになっています。

電話勧誘販売では、通信販売と同じようにインターネットやメールやSNS等によって電話勧誘は何倍への誘導が行われ、例えばホームページ上でのクリックをきっかけにして、コンピューターウィルスに感染した可能性があるなどと、メールでの連絡を促したりする悪質なものもあり警戒が必要となっています。


Copyright 2017 ristorantespecchio.com