MENU


特定商取引法における通信販売

わたしたちが利用することが出来る通信販売には、特定商取引法によって、様々な規制やルールの設定が行われています。

特定商取引法における通信販売とは、商品やサービスを提供する事業者が、その内容を新聞や雑誌、インターネットやSNSなどのによる広告などを利用して宣伝などを行い、それを見た消費者が、電話やメールなどで事業者とコンタクトを取り、売買の契約などを行う商取引の方法になります。

こうした通信販売では、広告の表示やその内容が誇大表現になっていないか、ウソや偽りなどがないかなどに規制がかけられており、また近年では未承諾の消費者に対してメールなどで広告を送ったりすることなどが禁止されています。

近年で最も多い特定商取引法の通信販売規制に違反する事例としては、迷惑メールなどによるワンクリック詐欺などもこうしたものに含まれます。
ワンクリック詐欺とは、メールなどで広告を消費者に送りつけ、そのメールにあるインターネットのウェブページなどのURLをクリックなどで選択させることによって、突然に登録ページに転移された表示がされ、その時点で例えばアダルトサイトや出会い系サイトに対しての登録がされた旨の画面が出て、一方的に金銭の要求などを行うものになります。

こうした場合には、クリックなどを行うことによって登録が行われることが、入会申込みを行う画面にてその操作の前の段階でしっかりと表示されていることや、消費者が申し込みの内容を確認することができ、またその確認の時点で訂正が行え利用になっていない場合には、特定商取引法の違反になり、第14条に定められた、意に反して契約の申込みをさせようとする行為の禁止に違反しているということになるのです。

また、同じようにメールやインターネットのウェブサイトなどでは、その商品やサービスの対価として請求が行われている場合には規制の対象となり、その本文や導入ページなどに無料などと表示されているにも関わらず、その先に進んだページなどの利用規約などの項目内において、商品の代金やサービスの対価として料金なが発生するなどと書かれていた場合には、特定商取引法の規制に引っかかることになります。

このような商品の代金やサービスの対価だけではなく、入会金や利用料、退会金、キャンセル料、そのサービスなどを利用しないことによる違約金などを求めた場合にも、特定商取引法の第12条にある誇大広告等の禁止にい違反しているということになるのです。


Copyright 2017 ristorantespecchio.com